左顔面帯状疱疹⑥

2月14日、目の上の腫れはすっかり良くなってきた。

額と鼻の横に大きく残った傷も少しだけ薄くなりつつあるように感じます。
そのためにしたことは、シナールとトランサミンを一日3回毎日服用することと外出時はツバの広い帽子を被りサングラスをかけることです。

顔面の痒さは相変わらずだが、化粧した状態を6時間程度保つことができるようになって来た。
痛みに効くという週3回のブロック注射も継続中です。

左目の涙腺がヘルペスウイルスで詰まって涙が流れっ放しになっている件は相変わらずで、毎週眼科医にチェックしてもらっています。眼の中のヘルペスウイルスもまだ残っているらしく目薬と目の中に塗る軟膏は欠かせないアイテムになってしまった。

それより問題なのは、服用している神経障害性疼痛治療剤タリージェの方だ。
帯状疱疹後後遺症を緩和するために処方されているというのだが、この薬の副作用は半端ない。
おそらくリリカも同じだろう。

一日中眠気がする・やる気がなくなる・太る

私の人生の中で”やる気がなくなる”というのは初めての経験なので、これが副作用であることは明らか。この薬のことを調べていたら鬱病など治療に用いられていることを知った。
気づけば、毎回服用する錠剤の数が1回に12錠になっていた。

こんな薬を飲まされている場合じゃないと不安を覚え、桜十字病院の漢方医に相談する予約した。
自分の体は自分で守るしかないのかもしれない。